街ヲ歩ク。

machiaruki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 22日

無責任な優しさは残酷なものだ。

f0006565_8463491.jpg
はじめて訪れる赤坂ACTシアター。

開演前にランチ!っと早めに赤坂着。

人波に…
エスカレーターを上り

え?
どこにシアターが?

TBSの入口はここだけど・・・
見渡せば
「赤坂ACTシアター楽屋口→」の看板が!!!

私ってば裏口に来ちゃったの?苦笑。

楽屋口前を見ると女性が寒空の下にたくさん。
大沢たかおさんの楽屋入り待ちの方ね、きっと。
私も仲間に入りたいと思いつつ…退散。笑。


さて
赤坂に出現したオペラ座には素敵な怪人が住んでいました。
いや
ファントムは怪人ではなく人間です。

初演でも感じたことですが
大沢たかおさん演じるファントムは人間味のあるファントム。

大沢たかおさんのファントムは進化していました。
そして初演よりも光と闇のコントラストがはっきりしている。
闇の中のファントム=エリックが眩しい。
賛否両論はあるかもしれませんが、魅せるファントム。
再演でありながら新鮮味のあるファントム=エリックが存在していました。


シャンドン伯爵は今回は日本人キャストなので、台詞がわかりやすい。笑。
私が観た時は海宝直人伯爵だったんですが
微妙に杏ちゃんの方が身長が高くて………
それがもったいないかなぁとか思ったり。笑。


カルロッタはね…
私的にはもっと毒々しい感じがあっても良かったのではないかと。
可愛さが上回る樹里さんなんです。


クリスティーン役の杏ちゃんは...
情熱大陸での杏ちゃんのレッスンを見た時には……
ミュージカルだよ?大丈夫か?
(・_・)エッ....?、
でしたが
声に透明感があるのと、華があるのでクリアされる部分がありますね。
舞台映えするの。

オープニングで
♪メロディーメロディーと歌ってる時より
ファントムにレッスンを受けるに従って徐々に少し上手くなって…
それもクリスティーンらしくて良かったのではないかと。

流石モデル、細っ!
顔が小さくて手足の長いことに…驚きます。
お肌もツルツル。
やっぱり資生堂ザ・コラーゲン飲んでるんですかね。笑。


そして、篠井英介キャリエールに泣かされます。

ラストでは父でありながら母の愛も見える...。
これは英介さんだからこそでしょうね。

英介さんの3軒茶屋婦人会、観に行きそうな勢いです、私。笑。


で、今日のタイトルにした
「無責任な優しさは残酷なものだ。」
はキャリエールがクリスティーンに云う台詞ですが
『ファントム』の中でも印象的な台詞。

この台詞には初演の時からいろいろ考えさせられ…
聞く度に涙が流れます。

自分の息子をその醜い容姿ゆえに地下に閉じ込め
長い苦悩の月日。
そのキャリエールの言葉だからこそ深くて…。

でも「責任のある優しさ」とは何なのか。
そもそも責任を持たないと優しさを持ってはいけないのだろうか。

責任感が強くて、自分を見失ったり、自分の時間、自分の幸せを見失っている人もいる……。


...今年、4回も入院した私が思うには…

入院すると、より人の優しさに触れる機会が増えるんですね。
でも時に重荷になる優しさもあったり。
そんな風に感じる自分が嫌気が差したり...。

あぁ―――っ
結局、「責任のある優しさ」の応えは見いだせない未熟な私。

この台詞は本当に深い。

この言葉に出会えただけでも『ファントム』を観た価値はあるなぁと思います。


いよいよファントム東京公演千秋楽。

でも大阪公演を含めて数えてみると後半戦が始まったばかり。

キャストの皆様がお怪我などせず
(大沢たかおさんはスゴいロープアクションがありますからね。)
素晴らしい大千穐楽になりますよう願っています。
[PR]

by yooko_nee | 2010-11-22 00:00 | 観劇的日記。


<< 2011カレンダー。      ウィンターバージョン。 >>