街ヲ歩ク。

machiaruki.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 07日

「春」のアート。

f0006565_981970.jpg『オーデュボンの祈り』を
読んでからハマっている
伊坂幸太郎さんの作品。
面白いです。


今、読み終えたのは…
図書館でお借りした
伊坂幸太郎著『重力ピエロ』。




視神経を脳腫瘍が圧迫し、視力を極度に低下させ、視野も狭くさせた…私の病。
よって、腫瘍摘出手術前は読書は知らず知らずに遠ざかって…。。

術後も、若干まだ視野が欠けていることもあり、疲れてしまうので遠慮していた読書ですが、
雑誌は楽に読めるし…と徐々に単行本から読み始め、
今年に入ってからは頻繁に図書館を利用。
今では視野も随分と回復し、文庫本もゆっくりなら読めるようになってますっ!


『重力ピエロ』。
過去に辛い出来事を抱えた家族。
連続放火とその事件を預言するかのような謎のグラフティアート。

…主人公「泉水」の弟「春」は建物の壁や塀に描かれた落書きを消す仕事をしている。

で、こちらの写真は、本の世界ではなく現実の‘春’の街で見つけたアート。
「春」が消すグラフティアートとは違いますが…
素敵なアートですよね。


最近、立て続けに映画化される伊坂幸太郎作品。
『重力ピエロ』も映画化が決定したそうで。。
楽しみ!

『アヒルと鴨のコインロッカー』観ました。
これは映画を観てから原作を読んで…。

『死神の精度』は金城武さんが久々の日本映画に出演!と知ってから原作を読み、
公開を待ちわびながら、ちょっと出遅れて…先日やっと観劇。

金城武さんの死神なら、出会ってもいいかも!?笑。
原作とはまたちょっと違ってますが、
短編でありながら、長編として繋がっている…
その原作の面白さをより一層、引き出していて良かったです。
あとは黒い犬(ディアちゃん)の演技力にも拍手っ!!!

『チルドレン』も映画化されてたんだぁ。
入院中で知らなかったなぁ。

『陽気なギャングが地球を回す』も観てないや…
ありゃりゃ、大沢たかおさんが主演じゃありませんかっ!!!
これは早速、DVD借りて観なければなりますまい!笑。

いやぁ、それにしても伊坂幸太郎作品は、
それぞれがリンクしていて…読めば読むほど面白いですな。

さて、次は何を読もう。。
[PR]

by yooko_nee | 2008-04-07 00:00 | 日常的日記。


<< 病院で死神。      「瞳」の町。 >>