2008年 11月 14日

琳派とリンパ。

f0006565_17124272.jpg

私が「琳派」
と云うと家族を含め廻りの方々は
「リンパ」
と思うらしく…

だよね
入院中はリンパの流れが悪くなって
足がパンパンになり
リンパマッサージもしたし
リハビリテーション通いもしたしね。。笑。

で、今日は
『大琳派展』を観に行ってまいりました!

9時30分開館に合わせて
9時20分に上野駅着。
銀杏の匂いに包まれながら、国立博物館に。

私、ギンナンの匂いは‘臭い’と感じるほど実は苦手。
思わず、アレを踏んでしまったかっ!という異臭がしませんか?

なので、この季節の散歩は大好きだけど銀杏並木道を歩くのは苦手だなぁ。苦笑。
間違って踏んじゃった時にゃあ、靴の底を途中で洗いたくなるもん。。涙。


開館5分後位に入館しましたが
すでに混んでましたっ!
修学旅行生らしき小学生もいれば…老若男女の賑わい。

音声ガイドをお借りして、全部回りきるのに約1時間。
(美術館ではわりと借りる派)
槇大輔さんの深みのあるガイドは展示の数々に、より一層に深みを与えます。

私がど――しても観たかったのは
俵屋宗達の『風神雷神図屏風』。
京都の建仁寺でレプリカを何度か拝見してはいたけれど…
本物の迫力は違う。

俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一の四人の風神雷神図が集まると
風音や雨音が聞こえてくるような迫力。。

高台寺の超獣戯画と同じように日本の劇画の原型のような気さえする。


と書いて…ひとやすみ。
ふと松重豊さんのブログ『修行が足りませぬ』を拝見すると
なぁんと松重さん13日(12日かも)に大琳派展にいらっしゃっていた御様子。

写真も同じようなアングルだぁ。
なんだか嬉しいぞな。笑。

で、松重さんも
「…日本漫画文化の原型を見た感じがする…」
と綴られておりました。


私が博物館を出たのは10時50分頃。
その頃には「20分待ち」のプラカード…長蛇の列が出来てましたょ。

松重さん曰わく
「若干の加齢臭をかいくぐりながら向かう」
私的には
「銀杏臭をかいくぐりながら」。。
今日は銀杏を踏まずにすみました。笑。


大琳派展は16日まで。
早めに来館するのが良いかもしれませんね。


その後、感激が覚めやらぬまま、リハビリに直行っ!

私のリンパの流れはおかげさまで順調です。笑。
[PR]

by yooko_nee | 2008-11-14 17:12 | 日常的日記。


<< パッションなマカロン。      キャンドルケーキ。 >>