街ヲ歩ク。

machiaruki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅的日記。( 64 )


2011年 05月 30日

京都ヲ歩ク。

f0006565_1292240.jpg

京都タワーが消灯していたら、寂しいな‥‥‥

と、思っていました。



東日本大震災による
節電の為。

そして
哀悼の為。


一時期
京都タワーも消灯していたようですが......
4月から点灯を再開したそうです。


京都に来て感じたことの一つに
明るさがありました。



ネオンが華やかすぎた東京。

節電で
はじめは暗くて
慣れない感じもありました。
不気味さもありました。


その分、月明かりや星を見上げる機会も増え…
少しずつ
今の明るさにも慣れ
反対に、心地良さも感じるようにもなってきた。


でも
日本中が暗くてても仕方ないですもの。


京都タワーは
海のない京都の街を照らす灯台。


京都を旅して
明るさを感じ
活気のある
元気がある街を歩き
力をもらって帰ってきました。


店頭などでは義援金募金を受付していたり
日本中が

‘PRAY FOR EAST JAPAN’

だと、また改めて実感しました。


私も
私なりに....

f0006565_12105066.jpg


【京都ヲ歩ク。】
2011 終わり。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-30 12:09 | 旅的日記。
2011年 05月 28日

京土産。

【京都ヲ歩ク】

会社への‘京都へ行ってきました’お土産は
『京洋菓子司ジュヴァンセル』さんの「抹茶コルネッタ」を。
f0006565_18133429.jpg


これは個数がたくさん入ってお手軽なお値段。
味もブルボンさんのルマンドのサクサク具合に似て
定番的な味で好評ですが
かなりサクサクなので
ポロポロこぼれる率も高く注意が必要です。苦笑。


自宅用と仲良しさんには『マールブランシュ』さんのお濃茶ラングドシャ「茶の菓」を。
本当は会社用にもこちらを買いたいのですが
若干、お値段が↑苦笑。
f0006565_18135718.jpg

仲良しさん用に「京サブレ」も買ってたのに写真取り忘れました( ̄○ ̄;)



そして、仲良し同僚(ミュージカル観劇部)には『俵屋旅館』さんの石けんを。
f0006565_18141616.jpg


『ギャラリー遊形』さんで販売されている「サヴォン・ド・タワラヤ」は…

‘薫りの文化を守りたいという俵屋旅館当代主人の思いのもと
花王(株)と共同して作り上げたオリジナル石鹸でございます。
ベルガモット、ローズ、サンダルウッド、ジャスミン、パチュリー、ラベンダー、ラブダナブ
などの天然香料に、ムスクなどの香り、
二百余種類をブレンドして完成したもので、
このように天然香料をふんだんに使った石鹸は日本では唯一のものであり
花王(株)にとっても特別の製品でございます。
その馥郁たる薫りは、独特の残り香を遺し、皆々様にご愛好されております。’

と説明書にあり。


京都に行くと…必ず購入するお気に入りの石けん。
私にとっても、京都を思い出す、旅の香り...。


今回はあまり
自分用の京土産を買わなかったなぁ。

でも
思い出たくさんです☆



まだまだ
つづく。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-28 18:12 | 旅的日記。
2011年 05月 27日

マメ。

【京都ヲ歩ク】

1日フリーパスをフル活用し
東山から祇園へ。


向かった先は...

ぎをん「井づ津屋」さん。

甥っ子の和柄のとコンビ肌着とガーゼ手ぬぐいを求めに。
かわいいものがたくさんで迷いましたが
こちらをチョイス☆
f0006565_21355479.jpg

私と同じように和柄好きになっておくれ。




鴨川を渡り、四条河原町へ。
f0006565_2136206.jpg

烏丸御池へ向かう為、バス停へと歩いていると
マルイを発見。


あれ?
阪急だったよね。
クラシカルな雰囲気の佇まいだったから好きだったんだけど…


もう足が限界に近づいて…。
お茶と化粧室を利用すべく入店。


ありゃまぁ☆☆☆

私の大好きな「HIROCOLEDGE」さんの水玉が壁に…
疲れた体がテンションアップ↑↑↑
f0006565_21372231.jpg


ライトも日本の文化を新しい形で発信している
「京和傘日吉屋」さんの古都里のものでした。


伝統の中に革新が融合していて、和洋折衷。
流石、京都です。



化粧室のフィッティングルームで
痛みの魚の目にバンドエイドを貼ろうと靴下を脱ぐと

な、なんと


足裏にマメが出来てました( ̄口 ̄)


どうりで痛いはずだわ。

魚の目をかばって歩いた為か、魚の目のお隣に

水ぶくれのおっきなマメが………(|||_|||)


つぶしてしまっていいのか?

それより先に消毒が必要だ!

とか考えてるうちに
すっかり歩く気力がなくなりましたが…


体力補給!
一階のネスカフェのカフェで一息。

ここはネスカフェのドルチェ グストで淹れたものを飲めるカフェ。
セルフだと20円引き(だったかな?)。
実は、会社でこちらのカフェドルチェを使っているので
使い方はバッチリなので、セルフで。笑。

こちらで行きたい場所を割愛させる構想を練り(*´Д`)=з

でも
足底のマメだけに
底力を出して
再スタート!!!

この時点で
自分が組んだタイムテーブルはかなり崩れていましたが
これも旅の縁、ですね。



まだ
つづく。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-27 21:34 | 旅的日記。
2011年 05月 26日

おめん。

【京都ヲ歩ク】

お昼ごはんは

銀閣寺近くにある
「名代おめん」さんへ。
f0006565_911170.jpg

入ったのが11:30だったかな。
まだお座敷も二組しかお客さんはいなくて
カウンターも一組、三人だけ。
‘予約席’となっているお席はありましたが


おっ、空いてるなぁ


と思ったのも束の間。


12:00少し前になると
ひっきりなしにお客さんが…
あっという間に一階席は満席。
次々に二階席に案内されてました。

それより、修学旅行生が多いことにビックリ。

ランチにしては
学生さんには結構お値段がお高いのでは?
今時の修学旅行のお小遣いの相場ってどの位なのでしょうかね…
うー、気になります。


おめん(冷)をいただきました。
1,100円。


はじめに運ばれてくるのが、この薬味野菜たち。


f0006565_912759.jpg
あまりに芸術的な盛り付けなので
薬味だとは知らずに、‘お通し’だと思って
食べてしまいそうな雰囲気があります。笑。

食べ方が書いてあって…先に読んでおいて良かった。苦笑。

おだしに金ゴマ(大量に運ばれてきます)をスプーン二杯ときんぴらごぼう
お好みの薬味野菜を少しずつ入れて
おうどんにつけながらお召し上がりを
と。
f0006565_9124155.jpg


しっかりと歯ごたえがあるほど、もちもちとしたコシのある太麺。
おいしかったです♪


でも
「つるとんたん」で1.5玉で食す事になれた為でしょうか(私、食べ過ぎ?)
ちょっと量が少なく感じました。
つるとんたんは増量しても3玉までは金額が変わらないのが魅力☆



それでも美味しくって、お土産を購入。
一袋2〜3人前用で六百円。
f0006565_913261.jpg


見た目にも美しい
京都ならではの、おうどん屋さんですね☆


つづく。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-26 09:09 | 旅的日記。
2011年 05月 25日

主婦のカン!

【京都ヲ歩ク】

哲学の道、浄土寺界隈散策を終えて
東山に移動。


市バス1日フリーパスを利用したものの
足裏の魚の目が疼き(ノ_・。)
東山に着いた頃には足を引きずり出し

痛たたっ…。



でも
「知恩院」に行きたい!!!

そう、最近、私がお気に入りのピースの又吉くんもオススメというので(笑)
いざ。


東山に着いて
を東大路道を歩こうとすると

「知恩院への近道」古川町商店街。

近道、万歳\(^_^)/
ラッキー☆


あれ?どこかで見た雰囲気。



f0006565_17285426.jpg


あ――――――っ!!!

『京都地検の女』 

「主婦のカン!」

が決め台詞の鶴丸あや検事が
プライベートで買い物をする商店街じゃないのっ!
主婦仲間で井戸端会議する
たまこさんの健康ジュースのお店もこの商店街の一角にある設定。


でも
商店街は閑散.......

昭和を感じさせる商店街。
シャッターを降ろした店が多い。

それでも
「京都地検の女」のポスターが貼られて…華やかさを誘う。


すごいレトロな雑貨屋さんとか、用品店とかありました。
ある意味見とれて、写真取り忘れました。苦笑。


そして


ここにあったのねぇ―!

こちらも京都サスペンス(木曜ミステリー)
には欠かせない場所。

f0006565_1731123.jpg

一本橋。
阿闍梨橋ともいうんだそうで...
比叡山の阿闍梨修行で千日回峰行を終えた行者が
栗田口の尊勝院の元三大師に報告し
京の町に入洛するときに、最初に渡る橋。’

なんだとか。


えっ?
もしや、あの京銘菓の阿闍梨餅は、ここが由来?


ちょっとここのベンチで一休み。

そんなこんなでゆっくりしてたら
知恩院三門まで歩く体力がなくなり…(*´Д`)=з
歩ける距離なのに
フリーパスの強み!バスで祇園へ。



バスを待つ間
元の一澤帆布の店舗に
一澤信三郎帆布が移動したというので、行ってみました。
二階にもたくさん商品が並んで
一澤帆布の商品も何点か復活してました。
f0006565_17322329.jpg



つづく。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-25 17:23 | 旅的日記。
2011年 05月 24日

サスペンスの聖地。

【京都ヲ歩ク】

京都サスペンスドラマで
犯人が自白したり
殺人現場だったり....

そんなサスペンスドラマの聖地?!

f0006565_20571323.jpg


そうっ!
ここは南禅寺の水路閣




「絶景かな、絶景かな」
f0006565_2058359.jpg

と歌舞伎で石川五右衛門が見得を切る三門を抜け
境内の南にあるのがここ。

南禅寺は知らなくても
サスペンスドラマ好きな方なら
見たことがある風景かもしれませんね。笑。

京都サスペンスドラマ好きなので
ここに来るのを楽しみにしてました☆


今にも
狩矢警部、娘の和美や夏目くん
おみやさん、京都地検の鶴丸あや検事、
京都日報の杉浦記者、その男、副署長
石原葬儀社あっこはんに婚約者の春彦さん
科捜研の榊マリコさんに土門刑事
カメラマンのキャサリン、ルポライターの浅見光彦さん.....

f0006565_2059356.jpg

誰がここにいたとしてもおかしくない。笑。
むしろ、京都府警のパトカーがいないのが不自然なくらい?笑。


私、テレビ、見過ぎだっていう話。苦笑。



残念ながら
今回の旅では撮影隊には会えずでした ┐( ´ー`)┌



つづく。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-24 20:56 | 旅的日記。
2011年 05月 23日

侘、寂。

【京都ヲ歩ク】

銀閣寺。
f0006565_1345040.jpg

門前のお土産屋さんの誘惑に負けず
エッサコラと緩やかな坂道を昇ること約5分。


着いた〜〜〜。



銀閣寺垣も美しい。
f0006565_13453087.jpg


この垣沿いにも拝観料を納める長蛇の列がっ。
修学旅行シーズン真っ只中で制服姿の観光客が大半!


拝観券は金閣寺と同様にお札になっていました。
‘開運招福’‘家内安全’
の御守護になるのですね。
f0006565_13455719.jpg



そして
わたくしめ
人生、初めて
御朱印帳(集印帳)を銀閣寺で作りました。
f0006565_13462065.jpg

f0006565_13463741.jpg

これまで
京都でも数々の神社仏閣を拝観してきたので作っておけば
もう、かなりの数になっていたのではないかと思われますが....



で、銀閣寺観光客で溢れているものの
静寂たる佇まいは圧巻。


この〔向月台[こうげつだい]〕がこんなに間近で見られるとは思わず…
感激っ!
f0006565_13471410.jpg

f0006565_13474864.jpg


また
この〔銀沙灘[ぎんさだん]〕は兎に角、美しい。
f0006565_134869.jpg


昨年末に高台寺を拝観した際にも思いましたが
私、砂紋が好きです。



中学生の修学旅行以来の銀閣寺。

銀閣寺に行く途中の車中でバスガイドさんが

「ジュリー沢田研二さんの実家がこちら…」

のアナウンス
(…今では考えられない個人情報流出的なガイドさん)
銀閣寺に着いても、そっちのけ
ここは‘ジュリーの実家近し’に大興奮で
銀閣寺そのもの記憶が薄い。苦笑。
その当時はデジカメもないし
「写ルンです」が普及し始めてたと思うけど
カメラも持って行かなかった。
...って、どんだけ昔なんだ。笑。


銀閣寺より先に、金閣寺に行って…
やっぱり中学生だと、きらびやかさに心奪われてしまうじゃないですか?!
比べたら、銀閣寺が地味に感じて。


でも
今、訪れると...
銀閣寺はとても穏やかな心が生まれる所でした。

f0006565_13484442.jpg



つづく。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-23 13:44 | 旅的日記。
2011年 05月 22日

新緑の京都。

f0006565_1145751.jpg

一年に一度のお楽しみ!


大好きな京都に行ってきました!!!

前回に行ったのは昨年の12月で
まだ半年も経っていませんが(苦笑)


京都がご実家の同僚が…

の季節もいいですょ」

この言葉に
この時期の上洛を決めました!



先ず、
京都駅に着いたら必ず撮っていた
京都タワーと鉄腕アトム像の写真



あれれ

アトム像がないっ!

どうやら
京都手塚治虫ワールドが閉館すると共に撤去されたらしい。

残念....


 〔参照〕
  ↓↓
f0006565_11155477.jpg

今回は
哲学の道、浄土寺界隈からスタート。



To Be Continued


♪君だけを見ていた〜
...これは、To Be違いだわね。笑。

つづく。
[PR]

by yooko_nee | 2011-05-22 11:04 | 旅的日記。
2010年 12月 08日

365日分の1日。

f0006565_1032235.jpg


心の栄養補給
京都、ぶらり一人旅。


2006年から続いている
年に一度の自分へのご褒美。
(2007年は術後で行かなかったけど)


行く度に
1日じゃ物足りない!と思いつつ
1日だから、充実できるのかなぁ、と。


でも
来年は
心の声を聞いて
2泊3日位で行けたら...。

帰ってきてからまだ1週間なのに
もう上洛したくなっています。苦笑。


次回は、左京区浄土寺近辺を散策したいな。笑。

あ、ジュリーの正月ライブ初日まで1ヶ月を過ぎましたが
チケット、そろそろ届くかな?

・・・ってゆうか
当選しているんだろか?!
[PR]

by yooko_nee | 2010-12-08 00:00 | 旅的日記。
2010年 12月 05日

京の匠。

今回の京都の旅で
一番に向かった先は・・・東山。

京都駅から地下鉄烏丸線→東西線を乗り継いで東山駅下車。

地下から地上に出ると・・・

f0006565_14483771.jpg


朝9時の東山。
冷えた静けさ。
東京と違って高層マンションやビルがないから
空が広い、空が高い。
・・・深呼吸。
空気が美味しい。


京都に居ることを実感する瞬間。

自分への褒美の時間が
今、やってきているんだ、と思うと
ただそれだけで泣けて...。



東山では
『一澤信三郎帆布』へ。
(9:00開店に驚き!)

カタログを取り寄せて注文しようとしていたのですが
2~3ヶ月待ち・・・とのこと。
ならば、直接買いに行った方が早いなぁと。

f0006565_14561965.jpg


看板の「布包」は
「布へん」に「包む」と書いて「布包(カバン)」と読むんだそうです。
そして
この文字は、永六輔さんが書かれたもの。
味わい深いですねぇ~。



トートバッグ好きの私は、こちらを購入!



f0006565_1511115.jpg


「世界のカバン」柄。
世界の様々な国の人たちに
自国の言葉で「カバン」を意味する文字を書いてもらい
それを一面に散りばめられたデザイン。



あと、もう1つ!

京都のオヘソという六角堂の近くにある
『布屋みさやま』で
こんなバッグを買っちゃいました!!!

2年前に来た時にも気になっていたのですが
ちょっと派手かなぁ~~と
でも、思い切って

f0006565_1572925.jpg


和柄好きにはたまらないっ!!!

ビンテージの帯地を使い
一点一点作家さんの手作りで、同じものは1つとない!!!
そんなことにも惹かれて・・・


一澤信三郎帆布のバッグ
布屋みさやまのバッグ

どちらも京の匠のバッグ。

東の京で使いこなしたいと思います!
[PR]

by yooko_nee | 2010-12-05 00:00 | 旅的日記。