「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

居場所。

f0006565_1145667.jpg 時には
 
 立ち止まるコトも
 
 今の
 
 居場所を
 
 確かめるために
 
 必要な時。






ガンマナイフ放射線治療から、1ヶ月が経ちました。
日常生活では、副作用と感じるものもほとんどなく、街歩きをしたり、舞台を観たり…
静養中にも、少しずつ日常を取り入れています。

以前より、眼球付近に違和感があるのですが…
一昨日、外来でしたが、三叉神経に副作用がでているのかもと。。
一先ずは、順調!とのコト。
ガンマナイフ治療は投射してから直ぐに結果は出ず、3ヶ月~ということで
造影剤を用いてのMRI撮影は、来年1月になりました。

腫瘍が消えるよう、たくさん笑って過ごしたいです!
辛いことがあっても、その日を思い返した時に笑顔になれるコトがあったら、
それで幸せ。

そして、
来月12月から、仕事にも少しずつ復帰します~!!!
私の居場所を開けておいてくれた、あたためておいてくれた、上司、同僚、会社に感謝。
もちろん、復帰を願ってくれた友人、知人、親戚、家族。
此処に、来てくださっている皆様にも、感謝です。

そのあたたかさに甘んじることなく、
ゆっくりと、ゆっくりと。。

ゆっくりした分、少し忙しくなるかもしれないけれど、
ゆっくり、ゆっくり、居場所をあたためていきたい。

仕事をするのも、完全回復への一歩です。
[PR]

by yooko_nee | 2006-11-30 00:00 | 闘病的日記。
2006年 11月 24日

1周年。

f0006565_20205693.jpg ブログ開設、一周年を迎えることができました。
 
 たくさんの方のご訪問をいただき
 支えられたからこその一周年。
 
 ありがとうございました。

 









写真と詩で綴る、街歩き写真ブログのはずが、
まさか、カテゴリーに【病との闘い。】が作られるとは
一年前には思いもしませんでしたが…、苦笑。

改めて、初日の投稿記事を読んでみました。
カメラと出逢って、街歩きを楽しんでいる…、私がいました。
「。。自分の心を写真は映し出す・・・、自分探しをしたい・・・。。」と。

ブログを開設した時の気持ちを忘れずに、前向きに歩んでいきたいと思います。

【病との闘い。】は、自分自身と闘って、更新が増えないよう願いながら。。


これまでの一年、ありがとう御座いました。
そして、これからも…。

このブログをはじめるきっかけの1つでもあるlomoも、街歩きの相棒なのですが、
なんと、スキャナー故障!涙。
修理は有料との見積もりで、プリンターとの複合機の購入検討中なり。
lomoの更新はいつになるかな…。

また、来年も、ここで二周年の報告ができるよう…、まずはゆっくり街を歩きます。
 
[PR]

by yooko_nee | 2006-11-24 00:00 | 日常的日記。
2006年 11月 22日

流れゆく。

f0006565_21264488.jpg
[PR]

by yooko_nee | 2006-11-22 00:00 | 詩的日記。
2006年 11月 20日

雨上がり。

f0006565_20425019.jpg まぶしい。

 当たり前の コト だけど
 
 生きているから
 感じられる コト が
 
 たくさん。









退院してから…
この頃は、一人で ‘街ヲ歩ク’ ことも少しずつ できるようになって
街の小さな幸せを 摘むことも 楽しくなってきました。
[PR]

by yooko_nee | 2006-11-20 00:00 | 日常的日記。
2006年 11月 18日

あたたかい影。

f0006565_20453531.jpg 通り過ぎた
 影のあとは
 
 私を
 あたたかく
 照らして
 くれていた。
[PR]

by yooko_nee | 2006-11-18 00:00 | 詩的日記。
2006年 11月 10日

漕ぎ出す想い。

f0006565_2042033.jpg さあ
 ゆっくり
 漕ぎ出そう。

 ペダルを踏んだら
 きっと
 見えてくる
 
 明日が。
[PR]

by yooko_nee | 2006-11-10 00:00 | 詩的日記。
2006年 11月 04日

放射線。

f0006565_18594125.jpg 放射線治療を終え
 退院しました。
 遠方の病院に一人で行き
 治療するのは不安だった。
 けど
 一人を選んで正解だった。
 気が張り、頑張りが増した。
 
 そして何よりも、支えて下さる方々の
 気持ちを熱く感じ
 それに応えようと力を奮い立たせられた。
 
 放射線障害の副作用が出ないことを祈り
 腫瘍の増大がないよう・・・
 自分を信じ、治癒力を信じ、応援を力に
 生きたい。

 放射線治療結果が出るのは3~6ヶ月以上を要し
 その効果の発現までの間に、一時的な腫瘍の増大や
 新たな症状が出ることもあるようですが
 それには、負けず、挫けず、
 日々、
 心豊かに
 心安らぎ
 心和やかに
 心潤し
 ゆっくりと無理せず
 脳腫瘍[髄膜腫]を克服します!完治に向けて頑張ります!

 たくさんの応援、心から…ありがとうございます!!!

さて
これまで、カテゴリー「病との闘い。」にて、書いておりますが
私は
脳腫瘍という病と闘っています。
見つかった時には、腫瘍が4cmになっており、摘出手術をする事になったわけです。

脳腫瘍という病名の中にも、様々な病名があるわけですが、
私は、はじめ…髄膜腫という診断でした。

腫瘍が3cm以下であれば、ガンマナイフ治療という放射線治療にて、
開頭手術をすることなく、治療する方法があるようなのですが・・・。

そして、私の場合は、腫瘍が視神経に複雑に絡みつき、
摘出手術で取り切れなかった部分を放射線にて治療しました。


私は、知識不足で、脳腫瘍という告知を受けた時には、
‘死’という言葉が浮かびました。
恐怖が体を…、心を覆う。。

目の前に、MRIのフィルムが並べられても、まるで、テレビか映画の1シーンのよう…
現実なのか、わからない。

でも、受け入れる心を持たないと、治る病も治らない。

同じ病で、私と同じように闘っていらっしゃる方がいて、
もし、このブログに辿り着いた方がいらしたならば…

私は、人一倍の怖がり、小さい心の持ち主…そんな私が病と闘っているこのブログで
少しでも、笑顔になったり、少しでも不安が取り除けたらと・・・。

私には、大きな力はありませんが、
自分の心を開放することで、たくさんの方から大きな力をいただきました。
その力で頑張ってこれました。
そしてこれからも、頑張ります。

自分の身体と、心の声を聞きながら一日一日を過ごしていきたい。
一日が、一時間が、一秒が愛しくてたまらなくなりました。

私は、不器用だから、その‘時’と使い方が有意義なのかはわからないけれど、
今を生きていることに感謝しています。

さて、
ガンマナイフ治療ですが…
治療自体は、なんら痛くありませんでした、

頭を固定する為のフレーム装置がとっても痛かった。
麻酔の注射がとっても痛かった。
フレームを取り外す時も頭を締め付けられて痛かった。

でも、私が頑張れました。

病に勝利するには、痛さも乗り越えなければならないコトも…。
弱気は最大の敵になる!
大丈夫!信じて病と闘いましょう!
と、自分に言い聞かせるように、綴ってみる…。


腫瘍摘出手術後の電顕検査で、違う腫瘍だとわかりました。
髄膜腫が良性であれば、悪性の経過をとる率が高い腫瘍。
それでも、私は諦めずに病との闘いを続けます。
[PR]

by yooko_nee | 2006-11-04 00:00 | 闘病的日記。