街ヲ歩ク。

machiaruki.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

曼珠沙華。

f0006565_981481.jpg 秋の気配が近づいて…

 埼玉県の「高麗(こま)の里 巾着田」に
 曼珠沙華(彼岸花)
 紅の神秘を愛でに行って来ました。

 7月に行った行田の古代蓮の里に引き続いて、
 行きたかった花の里。









~ゆらりゆらり
さらりさらり
風もないのに尾花が招く
誰も通わね この道に
赤い赤い彼岸花~  1998年宝塚雪組公演「浅茅が宿」より


一むら燃えて 秋陽強し
そこ過ぎてゐる しづかなる径

かなりの人出で ‘しづかなる径’とはいきませんが…笑。
駅から高麗の里 巾着田までは徒歩15分とうたっていますが、
いやいや、ゆっくり歩いて20~25分と思っていたほうがよろしいかと。笑。
あとは里までの道なりは砂利道も多いですから、
おデート気分でヒールなんて履いて出掛けると痛い目にあいますんで
ズックでお出掛け下さいね~笑。

f0006565_923214.jpg 100万本あるという
 紅い華の中に、
 数えられるほどの
 白い曼珠沙華も。

 曼珠沙華の花言葉は
 「神秘性を秘めて」。
 燃えるような紅。
 妖艶で凛とした華の群れに
 自分の心も
 ピンとするような場所でした。


追伸:ロモカメラくんを同行させましたが…
現像しようとカメラからフィルムを取り出そうとしたら…
巻き取れない。あれれ~焦。
またもやご機嫌ナナメか。泣。
と思いフタを開けたら、フィルムを入れ忘れてました。
うっかり八兵衛してもうた。
もう笑うしかありませんデス。はい。
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-30 00:00 | 旅的日記。
2007年 09月 29日

幸と辛。

f0006565_14182084.jpg 先日、ブログを通じて知り合い
 AOZORA写真展
 でもご一緒した方々の
 グループ写真展
 
 inkknot写真展 vol.2
 を観に行ってきました。

 テーマは『幸せ』




私は1日のうちで、幸せだと言葉にすることもあれば
幸せだと思うことも何度もある。
でも、その数と同じ位に
辛いと言葉にすることもあれば
辛いと思うことも何度もある。

幸と辛。

たった一文字の違いだけど…。。
最近は幸福感が麻痺して、本当は辛くもないのに自分に甘えて、
辛いと思ってることが多いかも…。

私にとっての幸せは…まわりの方々の無償の愛への感謝の気持ち。

人それぞれが幸せと思う、ヒト・モノ・コトに出逢えた写真展でした。

2007年9月もあとわずか。
1年前のこの時期は、ガンマナイフ放射線照射をするまでに、一時退院をしていた。
26日「これが世界のスーパードクター7!テレビ初潜入!天才名医の仰天テクニック完全公開」
を見ました。
脳神経外科医は、福島孝徳先生の特集。

術後にリハビリしている患者さんを見る。
治りたい。
強い気持ちが伝わってくる。
早く社会復帰したいとリハビリしている姿に、1年前の自分を思い出す。
私も、一人じゃ何にもできなくて、悔しくて…
でも人は一人では生きていけないと思って、人の優しさに感謝した泣いた日々。

私もそのテレビに出ていた患者さんと同じようにリハビリをしていた。

リハビリのおかげで、少しずつ少しずつ
歩けるようになって嬉しかったり
箸が持て、一人で食事が出来るようになって嬉しかったり
お喋りできるだけで嬉しかったり

今はそれが、当たり前に出来る。
欲が出できているのかなぁ。
幸せの欲が。。

特別な出来事だけが幸せじゃない。
心が気持ちよい瞬間があれば…。

辛に一文字足したら幸せになる、一歩踏み出すと幸せを見つけられるのかも。

それにしても福島先生、14日間で35件の手術とは…。
食べる時間、眠る時間も惜しまずに手術に向かう姿と
常に感謝する姿には脱帽。
10月1日には、福島孝徳記念CLINICも開院するし、
先生のお身体を心配するのは私だけではないはず…笑。
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-29 00:00 | 闘病的日記。
2007年 09月 27日

目。

f0006565_2244534.jpg 他人の目が気になる

 けど
 その目は
 きっと
 
 自分自身の
 たくさんの
 心の目
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-27 00:00 | 詩的日記。
2007年 09月 25日

背伸び。

f0006565_985582.jpg 時々 
 背伸びをして
 遠くを見る

 空を
 街を
 人を
 そして 夢を見る
 
 
 落ち込んだ
 ココロの視力を回復させ
 また 新しい夢を見るために
 
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-25 00:00 | 詩的日記。
2007年 09月 22日

KEAN。

f0006565_2139583.jpg 星組日生劇場公演 
 「KEAN」を観てまいりました!
 久しぶりに轟悠さまご出演の
 舞台を観劇しましたです。感激。。

 昨年も轟さんご出演の
 日生劇場公演がありましたが
 (「オクラホマ!」)
 ワタクシ、退院して転院を待つ時期…
 3時間座っていられる体力がなくて、
 諦めた次第。
 満を持しての観劇なのでありまする。嬉泣。。
 
 いえねぇ、私、ぶちゃけですね…
 轟さんの舞台は、かなり観ております。
 月組時代から(プチ自慢?!)。

でも、専科に異動されてからは、私自身の体調も不安定だったり
それこそ、昨年は手術に入院に自宅静養。。
ガッツりと観る機会がガクンと減ったのですが…。

さすが宝塚理事長であらせられる!
この舞台は、轟さんの持ち味を存分に楽しむことができ、そしてトップオブトップの貫禄!
下級生の持ち味をグイっと引っ張り出す力に満ちているなぁ~と唸ってしまいましたょ。

心理描写が繊細で、宝塚の舞台だと忘れてしまう瞬間があるのですが
男役の美学が轟さんを筆頭に目白押し。
切なさと華やかさが観劇した後も、余韻を残します。

実在した儚くも美しい俳優のKEANの生涯、
一人の男として、そして役者としての男の狭間での揺れ動く葛藤を
轟悠が演じる。
彼女だからこそ、演じられた役なのでは…。。

たばすこ(辛口)コメントとしては
ま、私的には、シェークスピアの予備知識をもっとしてたらば、
もっと感情移入できたかなぁ~と後悔しつつ
轟さんの一人芝居でも良かったのかなぁ~なんて思ったり。苦笑。
(すみませんっ)
そして、轟さんは宝塚の至宝になっておりますが
その至宝ゆえこそ!外部出演、客演を希望したりします。

というか…「The Fiction」公演を想い出しました。
あの一人芝居は東京公演がなかったものですから、
ワタクシはバウホールまで足を運びましてですね…笑。
ビデオも買ってしまいましたですよ。はい。笑。

ワタクシは轟悠さまが好き!
ということを告白したところで今日の観劇的日記はおしまい。おしまい。
どんど晴れ。←あぁもう最終週だわ~。面白かった。毎日観てた。
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-22 00:00 | 観劇的日記。
2007年 09月 21日

当選。

f0006565_20242713.jpg ロト6

 01
 21
 28
 43
 
 やったぁ~~~!!
 4等 当選!!!
 15,500円
 
 嬉しいっ☆☆☆☆
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-21 00:00 | 日常的日記。
2007年 09月 18日

君の影。

f0006565_172644.jpg 誰にも
 
 ほめられなくても


 
 君が
 
 見ていてくれるなら

 ・・・きっと
 
 
 
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-18 00:00 | 詩的日記。
2007年 09月 15日

気まぐれヴィーナスなカータン。

f0006565_9365539.jpg 去年のトマトは青くて固かったわ
 だけどいかが もう今年は赤いでしょう
 味もきっと 唇とろかすはずよ
 
 こんな言葉 突然聞かれたら
 あなたはどうしますか
 
 プピルピププピル、ア
 
 私 きっといいます指を弾きながら
 
 気まぐれヴィーナスが素肌をあつくして
 この夏は お任せなの
 
 作詞
 阿久悠さん

と・・・昭和歌謡第2弾!
そして家庭菜園第2弾!でございますよぉ!笑。

先ずは
覚えているものですねぇ。
♪気まぐれヴィーナス
小さい頃かなり歌いこんだのか…笑。
プピルピププピル、あ~ぁっ。
が印象的なこの歌は(?)その当時、私はトマト嫌いだったのにこの歌は大好きでしたね~。
ものまねもしながら歌ってました。笑。
って、この歌詞も阿久悠先生です。すごいわ!

そして我が家のプチトマトくんたち!!
最初は黄色い小さな花が咲いてるだけだったんですが、ずいぶん実ってきましたよ~!
まだまだ青いですが
♪…もう今年は赤いでしょう 味もきっと 唇とろかすはずよ~
と言えるよう赤く育ててみせますデスよ☆
トマト狩りした際はまた更新いたします。はい。

で、名前は「カータン」と命名して育てておりますっ!!
そうですっ!ピンポンパンのかっぱのカータンに似ていることから名付けました!笑。
あ、♪ピンポンパン体操の作詞も阿久悠先生なのですね~。。
すごい。
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-15 00:00 | 日常的日記。
2007年 09月 13日

ひまわり娘と昭和歌謡。

f0006565_844370.jpg 涙なんか知らない
 いつでも微笑を
 そんな君が好きだと
 あなたはささやく
 
 もしもいつかあなたが
 顔を見せなくなれば
 いつか枯れてしまうのでしょう
 そんなひまわりの花
 
 あなただけの花になりたい
 
 それがわたしの願い


 作詞 阿久悠さん

昨日、TBS で「巨星・阿久悠の世界~永遠の歌をありがとう」 
阿久悠さんの追悼番組を観ました。
・・・小学生の私は毎週木曜日21時からのザ・ベストテンが楽しみでなりませんでした。

秀樹さんの♪ブルースカイブルー良かったなぁ~。
♪林檎殺人事件は振り付けも覚えていたょ、私。笑。
昨夜の放送で流れた曲のほとんどが歌えた私は、昭和歌謡人。笑。
で、なんてたってジュリーさまが何度となく出ていて…
そりゃもう樹木希林さんのおばあちゃんのように、テレビのまえで「ジュリ~~☆☆☆」
小学生低学年時から、かなりハマっていました、沢田研二さんに。
詞の意味なんかわからないのに、熱唱してました。
ジャイアンの歌謡ショー並みに近所のお友達の前で、
親戚が集まったら、家のテーブルの上にのり縄跳びの持ち手をマイク代わりに
紐をコード代わりにしてね…。
でも、ジュリーさんの♪ストリッパー口ずさんでいたら
その歌は外では歌わない事!!と親に言われて…
今思えば、歌詞がね…
♪・・・朝でも夜でも真昼でも恋はストリッパー見せるが勝ちだぜ~
だもんね…苦笑。。
(あ、この詞は阿久悠先生ではないんですね)

ということで。
昔は、さらりと聴いていた歌詞も大人になって詞を噛み締めると・・・
深く心に響くモノがたくさんです。
阿久悠さんの詩は詩でありながら、短編小説のように情景が浮かんで…。。
これからもずっとずっと愛され歌い継がれるのでしょうね。
近々、会社の同僚で昭和歌謡・阿久悠さん追悼カラオケ会を開催予定!!
私は、ジュリー歌いますよ!
あとはひまわり娘。
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-13 00:00 | ジュリー的日記。
2007年 09月 12日

夕日。

f0006565_2111774.jpg 悲しいコトも
 嬉しいコトも
 悔しいコトも
 楽しいコトも

 今日の夕日は
 昼間の豪雨を忘れさせてくれる
 生きているコトに感謝したくなる
 鮮やかな色でした
 
 日は昇り 日は沈む
 明日への始まりと終わり
[PR]

by yooko_nee | 2007-09-12 00:00 | 日常的日記。